あまり会わなくなったら彼女にフラれたこと

学生時代の恋愛で彼女にフラれたことが何回かあります。特に印象的だったのが彼女と会わなくなって関係が悪くなったことです。その時は個人的にも大変な時期で恋愛を後回しにしました。それが結果として相手には良くなかったと感じます。

実際に恋愛をしている時には頻繁に彼女に会っていました。その時は毎週のように彼女と会って色々な体験をしました。また、学生時代だったので帰り道にデートをすることも多かったです。それが徐々に減っていったのが一つの問題でした。

学生時代で難しかったのが家族との関係でした。私は家族から色々なことを言われていたので恋愛に集中できなくなったのです。また、恋愛よりも勉強を意識するようになって疎遠になっていきました。

最初の方は恋愛も楽しくて話を夢中ですることが多いです。しかし、同じ彼女と何度も話していると内容もマンネリ化してきます。私はまだ頭が良くなくて話題も少ない方でした。それで会う度に面白い話を覚えておくのが面倒になったのです。

そういった生活が続いていると彼女も私にあまり興味がなくなっていました。会話の反応も適当で少し気になっていました。しかし、自分は勉強のことで頭が一杯だったので彼女を放置していたと思います。これが基本的にはフラれる大きな原因だったのです。

彼女にフラれた時は学校の帰り道だったと覚えています。そこで突然のように別れ話になって関係が終了しました。彼女にフラれた時は非常にショックでしたが自分には原因も分かっていました。だからこそ簡単に現実を受け入れたのだと思います。

その後は彼女とは話をしなくなって自分は別の世界に進みました。こういう体験があると今後の恋愛にも生かせるので勉強をした感じです。