あまり会わなくなったら彼女にフラれたこと

学生時代の恋愛で彼女にフラれたことが何回かあります。特に印象的だったのが彼女と会わなくなって関係が悪くなったことです。その時は個人的にも大変な時期で恋愛を後回しにしました。それが結果として相手には良くなかったと感じます。

実際に恋愛をしている時には頻繁に彼女に会っていました。その時は毎週のように彼女と会って色々な体験をしました。また、学生時代だったので帰り道にデートをすることも多かったです。それが徐々に減っていったのが一つの問題でした。

学生時代で難しかったのが家族との関係でした。私は家族から色々なことを言われていたので恋愛に集中できなくなったのです。また、恋愛よりも勉強を意識するようになって疎遠になっていきました。

最初の方は恋愛も楽しくて話を夢中ですることが多いです。しかし、同じ彼女と何度も話していると内容もマンネリ化してきます。私はまだ頭が良くなくて話題も少ない方でした。それで会う度に面白い話を覚えておくのが面倒になったのです。

そういった生活が続いていると彼女も私にあまり興味がなくなっていました。会話の反応も適当で少し気になっていました。しかし、自分は勉強のことで頭が一杯だったので彼女を放置していたと思います。これが基本的にはフラれる大きな原因だったのです。

彼女にフラれた時は学校の帰り道だったと覚えています。そこで突然のように別れ話になって関係が終了しました。彼女にフラれた時は非常にショックでしたが自分には原因も分かっていました。だからこそ簡単に現実を受け入れたのだと思います。

その後は彼女とは話をしなくなって自分は別の世界に進みました。こういう体験があると今後の恋愛にも生かせるので勉強をした感じです。

自分勝手な行動から別れを招いた

自分が彼女をフったという経験はありませんが、よくフられるタイプではあります。この前もフられてしまったのですが、その理由は私自身の身勝手さにありました。その時は彼女以外に仲の良い女の子グループがいて、そこと遊びに行くことが多々あったのです。

私としては別に恋愛対象でない人と遊びに行くくらい大した問題でないくらいに思っていましたが、女側からしてみるとそういうわけにはいかなかったようです。共通の知人に飲み屋で目撃されてしまい、彼女の怒りを買いました。そんな浮気だとか意識をしていなかったため、変に彼女にそういう友達グループがいることなんてもちろん報告していませんでしたので、余計に話がこじれて、どうにも修復が効かなくなって別れを告げられました。

私としては彼女のことを変わらず愛していましたし、できればまだまだ末長い関係でいたいと思っていました。これしきのことで、別れられてたまるかという思いすらあったのですが、それは届かず説得できませんでした。

元はというと男女問わず友人とは恋人がいてもしっかり遊ぶ時間を取るという必要もないポリシーがこうした失敗を招きました。嫌がるであろうことは容易に想像できたにもかかわらず、私の意味もないポリシーを優先する自分勝手さが別れにつながる大きな原因になってしまったと分析しています。

もちろんできれば彼女は彼女、友人は友人として切り分けて考えることを恋人にも受け入れて欲しかったのですが、それはやはり客観的に見れば自分勝手だったのです。もう少し相手の立場に立った考え方ができないと今後とも彼女との関係を長く続けていくことなんてできないのではないかと心配しています。とにかく今は次に気持ちを切り替えるのに必死です。

初めての彼女に振られた時のこと

私は高校2年生の時に同じクラスのアイドル的な女性を好きになり、親友の協力も得て奇跡的に付き合えることになりました。誰もに羨ましがられ、付き合い始めてからはバラ色のような高校生活が始まり、卒業まで毎日のように会い、楽しく過ごし、彼女が福祉の学校へ行くと聞くと、特にやりたいことがなかった僕は漠然と同じ世界で働こうと単純に考え、別の学校ではありましたが、私も福祉の学校へ行きました。

大学生活が始まってからは、行き帰りの電車で一緒に通学することと、月に数回休みの日にデートするペースになりました。メールや電話は毎日していましたが、高校の時のように毎日顔を合わせることは少なくなり、徐々に距離が離れていく感じがありました。彼女の方も、僕以外の男性には興味もなかったようで、他の男性に惹かれるようなことはなかったようですが、お互いにアルバイトも始め、会う機会がどんどん減っていきました。

大学4年生になると、お互いに就職活動も始まり、更に忙しくなり会う機会も連絡も減っていきましたが、お互いにまだ好きであったため、付き合いは続いていました。一日一緒に会える日は月に2回程度になっており、久しぶりに会えるし、アルバイトや就職活動で疲れていた私は家でゆっくり一緒に居る時間を望み、外でデートをする機会はほとんどなくなっていました。

お互いに何とか就職も決まり、これからはゆっくり会える、会う時間がまた増えると私は喜んでいたのですが、その矢先の年末に「会うのはいつも家で、外でデートすることがないから楽しくなくなった」「一緒に居てもドキドキしなくなった」「だからお互いのために別れよう」といきなり電話で告げられました。意味が分からず、泣きながら付き合いの継続を希望しましたが、もうどうすることもできず、そのまま別れる形になりました。

彼女は優しく、その後も引きずっている私にメールや近況報告をしてくれ、私が立ち直る協力までしてくれていましたが、それも徐々になくなり彼女はいなくなりました。
☆資料サイト☆http://www.失恋を乗り越える方法.com/

今でも彼女のことはよく思い出して、会いたいと思います。

精神的に疲れるから別れたいとのこと・・・。

生まれて初めての彼女ということで、それなりに気を使ったお付き合いをしていました。

時間もそうですが、お金も、そして第一位に優先順位を置いてのお付き合いということで、自分自身、逆に色々と気を遣わせてしまったのかなと今では思っています。

毎週末にデートを重ね、日に日に愛情を深めていたつもりなのですが、それは私だけでした。

デートの最中、何となく考え事をしているようなことはあったので、心配事でもあるのかなとは思っていました。

そのような時は大概相談してくれていましたので、そのうち何か言ってくるんだろうなと思い、とりあえずは触れないことにしました。

話したい時には自分から話しかけるだろうと、単純にそう考えていました。

しかし、言葉が少なくなってきても、心配事の話はしません。何を考えているのか分からなくなり、耐えることができなくなった私は、ついに切り出すことにしました。

何を考え込んでるの?と尋ねたのですが、返事がありません。

またそこから深く考え込むような状態になり、何となく自分自身、分かったような気がしました。

そこで、何か不満でもあるのと聞いてみました。しかし、不満はないとの事です。じゃあどうしたのと聞いてみると、今考えていることがあると話し始めました。

一旦お別れしたいとの事です。

状況から見て、一応自分でもその予感はしていましたので、驚き自体はありませんでした。

ただ、理由は知りたかったですね。

ということで理由を尋ねると、何か最近会っていると疲れると言われました。

別に嫌いなわけじゃないんだけど、なんか精神的に疲れるんだよね、と。

どういう事だと思いましたが、一旦は受け入れることにしました。もちろんそこには葛藤はありましたけどね。

暫く距離を置いて、また考えることにしようと結論付けました。

しかし、結局はそのまま別れることになりました。まあ良い経験として、思い出に残る人でした。

同棲相手にフラれた体験について

あれは私が29才の時でした。当時同じ会社に勤務していた1つ下の女性がいました。配属先は違ったんですが社内で開催されるお花見や飲み会などで親しくなりメルアドを交換した後付き合うことになりました。お互いにいい年でしたので結婚まで意識するようになり、付き合い始めてから半年くらい経って同棲を始めました。

同棲をするのに至った理由は、彼女は家庭の事情で父と喧嘩したらしく家には帰らずお風呂も銭湯行ったり友達の家で寝泊りしてるという理由もあって同僚からも勧められて同棲することになったわけです。同じ屋根の下で2人きりの生活に始めの頃は楽しくていっしょにお風呂入ったり格闘ゲームで対戦したりと新婚生活のような感じでした。また年末に友人を呼んで鍋パーティーをしたりしていましたが次第に雲行きが怪しくなってきました。

当然24時間いっしょにいるわけですし、お互いのいいとこ悪いとこも見えます。そしてついにその日が訪れました。いつも通り仕事を終え帰宅し入浴、夕食を済ませソファに座ってビールを飲んでいると横に1枚の紙が置いてありました。何かなと読んでみると彼女からの手紙でこう綴られていました。

お仕事毎日ご苦労様、長い目で考えて見た時にやっぱりこれ以上は付き合えません。私は一瞬呆然としましたが次第に涙が溢れてきました。リビングでそれを見ていた彼女が駆け寄ってきて泣きながらごめんねと言ってくれました。彼女も悩んだ末の決断だったのだろうと理解し了承した経緯がありました。

結果家から追い出される形で終わった恋愛でした。その後職場も退職しましたので現在はどこにいるのかや誰といるかも分かりませんがきっとどこかで幸せに暮らしてるだろうと思います。

何が悪いかわからない別れ

特に若い時分の時はなぜ別れることになったのかわからないことがよくあります。お互いに悪いことがあったわけでもないのに突然に飽きが来たりするのでしょうし、後から実は相手に別の好きな人ができてしまったなど失敗の理由がわかるときもあります。しかしその場で明確になぜ別れることになってしまったのかわからないままだと、本当にこれから自分はどういうところに気をつけるべきなのか皆目見当もつかず、今後に活かせない悩みが出てきてしまいます。

私が大学生だったときもそんなことはよくありました。つい前日まで仲良くしていたのに、突如として冷めたという一言を突きつけられて別れを切り出されたことがあります。おそらく女性の方が物事をドライに捉えられて、別れることに特段抵抗がないためでしょう。

男性の方は別れる時にその理由をはっきりしておかないと気が済まないですし、自分だけでなく相手にもその理由を理解、納得してもらってからでないと別れられないということも多いのですが、少なくとも私の当時の彼女についてはそうは思わなかったようです。突然近くの喫茶店に呼び出されて、渡してあった私の家の合鍵を返されて、もう会いたくないと言われました。なぜかと問い詰めても自分が悪いから、ごめんなさいとしか言わず埒があきません。

後から友人に聞いた話では私より良い就職先を見つけた人に迫られてころっと転んでしまったようです。それを知るまでは自分の何が突然の別れに走らせてしまったのだろうかと悩んでしまい、なかなか次の恋愛にも進むことができませんでした。男女の感覚の差ではありますが、しっかりとした説明なしではやはり悩みが深くなってしまって、傷ついてしまうこともあるものなのです。

年上の彼女にふられた経験について

私は「就職直後につきあっていた年上の彼女がいました。相手は配属された営業部門の業務の派遣社員の女性です。自分自身、社会人の彼女も初めてであれば、年上の彼女も初めてということで戸惑いながらも、ほとんど彼女のペースで付き合っていたといっても過言でありません。

もちろん、職場が一緒だったこともあり、わたしが失敗しながら仕事に慣れていく姿もありのままに見てくれていたわけです。今考えると姉のような感覚で私と付き合っていたのかもしれません。あまり詳しくは聞いていませんが過去も年下との付き合いはあったというようでしたので。

もちろん、派遣社員とはいえ、わたしよ社会人経験が長いのでお金も持っていました。恥ずかしながらプレゼントもあまりきちんとできなかったし、食事代なども割り勘で精いっぱいでした。しかし、彼女は私の懐具合もすべてわかっていたので何もいいません。しかし、付き合って1年くらいがたったころ、私自身が転勤になったわけです。当面はまだ付き合いたいなと思っていた彼女から突然別れを切り出されました。さすがにかなりのショックでした。就職して1年、何とかやってこれたのも年上の彼女のおかげだったからです。勤務地もかわることでかなりの不安はありました。

普通に考えると自分自身ですべてを乗り越えるべきなのでしょうが、彼女がいない中での生活はなかなかイメージできなかったのが正直なところでした。後になって彼女に聞くと自分自身が求められなくなったのでさみしかったという言い方をしていました。

決して私自身はそんな気持ちはなかったのですが彼女からするとわたしが成長して一人でも問題ないというように見えていたようです。本当にいい恋愛だったと今では思っています。

彼女にフラれたことがあります

以前友人の妹と付き合っていたことがあります。

私自身、フラれても仕方がないなって思う部分もありましたので、別れ際はゴネずに終わりました。

付き合ったきっかけは彼女からの告白からでした。特に女性として意識はしてなかったんですよね。

私からみると彼女はかなり年下で、まだ学生さんだったこともあるし、私みたいなオジサンより同じ年齢の男性がお似合いだろうとも思ってました。

ただ、意識してなくても、告白されると見方もかわってしまいます。

当時私も付き合ってる女性がいなかったし、若い女性は正直魅力的だったのでOKして付き合いました。

ただ、友人の妹ということで、友人へのバツの悪さとかもあり、周囲には秘密で付き合おうって言いました。

これが一番悪かったなあって思ってます。

彼女としては、まだ若かったし、そういうの気にせず人前でイチャイチャもしたかっただろうし、なぜ彼氏のことを秘密にしなければならないの?っていう不満もあったんだろうと思います。

彼女なりに周囲の友人(私とは縁もゆかりもない人)に相談した結果、私に遊ばれているといわれたみたいで、別れようといわれました。

本気で別れようといってるのではなく、スネて言ってる感じでしたがそう思われても仕方ないっていう部分もあったのは事実だと思います。

一応ちゃんと話をすると、落ち着いてくれ、すぐ仲直りになったんですが、彼女が仕事をしだして、会社の近くで一人暮らしをして遠距離恋愛になってから、関係が不安定になりました。

遠距離になり、会う回数が減り彼女の心理状態が不安定になったのが原因だと思います。

彼女が浮気をしてしまったわけです。

私にも落ち度はあったので、彼女を許してあげました。

ただ、この許してあげたというように、ここ一件からモラハラみたいな感じに私がなり、彼女に対して上から目線で話をするというか圧迫して追い込んでしまったんだと思います。

一応口では許したといいながら、心の中で私もひっかかっていたんでしょうね。

最初は彼女も我慢してましたが、2回目の浮気をしました。

今回は浮気ではなく本気になってしまい、私と別れたい、このままだと辛いといわれました。

私にも彼女を追い詰めてしまった落ち度はあったので、キレイに関係を清算して別れました。

その経験を次の恋愛に活かし、今の彼女には悲しい思いをさせないようにがんばってます。

浮気されて逆ギレされるフられ方

普通に別れるだけでも体力も精神力も使うというのに、浮気された挙句に別れられてしまい、大変ショックを受けました。元々不釣り合いだと言われるくらい彼女の方は顔もスタイルも良く、学年でも人気のある子でした。私が何度も諦めずにアプローチして何とかそれが実った形で付き合い始めましたが、周囲からは当初からやめた方がいいのではと言われていました。

やっかみも一部ありましたが、それ以上に良くない噂が立っていたのがその最大の理由です。彼女はもともと彼氏には困らないほどあちこちからアプローチを受けている存在で、私の前の恋人と付き合っている時も他の男と街中を歩いているのを何人にも目撃されるような派手な交友関係のある子でした。ある程度はそういうことがあっても我慢しなくてはならない、信じなくてはならないと思いながら付き合い始めましたが、なかなか実際には付き合い始めると浮気してるのではないかという疑いを止めることができず、喧嘩することがありました。

ある時、とうとう決定的なものとして私の目の前で知らない男と飲み屋に入っていくのを目撃して、それを後日問い詰めました。私がいかにその子のことを大事にしているか、それなのになぜ蔑ろにするのかと怒りをぶつけたところ、逆ギレされる形であなたには魅力が全くないと罵倒されました。唖然としているとあれこれ私の欠点を挙げられて大変ショックを受けました。

それだけ言われてフられるのならばむしろ気分がいいくらいでした。未だに勿体無かったなと思う存在ではありますが、あのまま付き合い続けていても私には何のメリットもないと感じていたので、これはこれでよかったのでしょう。立ち直るのにも時間がかからなかったのが救いです。

彼女にフラれた体験について

大学生の時に付き合っていた彼女はたいへんおとなしい子で言うことは何でも聞いてくれましたがあっさりフラれてしまいました。共通の音楽趣味があったため仲良くなり交際しましたがお互い一人でいることに慣れていたのでうまくいきませんでした。

また彼女の父親は事業をしていたそうですがその頃は経営がうまくいっていなかったため大学生であった彼女に満足に仕送りもできていない様子でいつも彼女はお金がない状態にありました。そのためか遊びに出かけてもデート代の他に夕食の買い物も私が負担していました。また彼女はあまり人付き合いがうまくないそうで学生時代は孤立していたということも本人から聞きました。また私も同じように学生時代孤立しており人との会話が苦手でした。それは一人っ子の家庭に育ったことも関係していると思います。

また私は一人っ子家庭に育ったせいか社会性が育たず人と会話をしても一方的に話してしまうことがフラれる原因であったとも思います。また当時は古くて安いカローラに乗っておりお世辞にも快適とは言えない車であったこともフラれる原因の一つではなかったかと思います。

またその頃はジーンズにTシャツ姿のような子供っぽい服装をしていたこともフラれる原因であったと思います。当時は実家であったため母親から女の子は家に上げてはいけないと言われていたため彼女を夜こっそり連れてきていたため彼女は親に紹介してもらえないことの不満もあったことと思います。

また実家は自衛隊基地の近くであったため常に航空機の離発着の音がしており騒々しかったためそのこともお互いの仲に影響を与えていたと思います。フラれてしまった原因複数ありますが現在は良い思い出です。